自分に合った通信講座を見つけて、資格取得を目指しませんか?

>

メンタルヘルス・マネジメント(R)と漢字検定は公私ともに活躍

「メンヘル」の知識は公私ともに役立ちます

皆さんは「メンタルヘルス・マネジメント(R)検定」のことをご存じですか?「メンタルヘルス・マネジメント(R)検定」の試験は、1~3種まであります。

それぞれの内容を簡単に紹介すれば、3種は「一般社員を対象に社員自らのメンタルヘルス対策を問う内容」です。

2種は「管理監督者を対象に上司としての部下のメンタルヘルス対策を問う内容」、1種は「人事労務管理スタッフを対象に社内のメンタルヘルス対策を問う内容」になります。

これらの説明でもご理解いただけるとは思いますが、3種や2種などは、勉強を進めることで資格取得に近づけるだけではなく、会社でのストレス対策を学べることができるわけです。

ですから、「メンタルヘルス・マネジメント(R)検定」の知識は公私ともに役に立つわけです。「メンタルヘルス・マネジメント(R)検定」の講座は、3種と2種対策となっているので、自分の会社での立場から選択されてはいかがでしょうか。

漢字検定は、生きている以上、必要な知識

「漢字検定」に関しては、あえて説明をする必要はないでしょう。

こちらの検定の受検者数は年間でなんと約216万人!年齢制限なく受験することが可能なため、この受検者数なのでしょう。

試験は6・10・2月の年3回。1~10級まであり、1級がもっとも難しく、合格率はなんと1パーセントを切ります。

こちらの検定は知名度があまりにも高いので、書店に行けば、非常に多くの対策テキストが販売されています。

ただ、逆にあまりにも冊子があり過ぎるため、何を買えばいいのか多くの方が悩んでしまうようです。だから、漢字検定こそ通信講座がおすすめなのです。

漢字検定はだれでも受検が可能なためか、漢字検定対策の通信講座は、小学生から60歳以上の方までさまざまな年齢の方が学んでいるそうです。


この記事をシェアする