自分に合った通信講座を見つけて、資格取得を目指しませんか?

>

これからの時代、公私で必要になる「介護事務」と「色彩検定」

介護事務は避けれない老いを見据え取るべき

この超高齢化社会は、私たちの生活にさまざまな影響を与えています。まずは、「介護関連の求人の高さ」。入居老人に対し、人手不足のため、年中求人募集をしている状態です。

あと老人ホームに入居できないことによる、「介護問題」などが挙げられるでしょう。ところで、介護現場での人手不足から注目をされているのが、「ホームヘルパー」や「介護福祉士」になるかと思います。

しかし、それらの資格を取得していざ働くとなると、体力勝負となり、それはちょっと厳しい…という方も多いようです。そこでおすすめしたいのが、この「介護事務管理士(R)」の通信講座。

こちらの資格は、「在宅受検」と「会場受検」があるそうです。ある通信講座の場合、在宅受検で最初から登録されているようで、講座終了後の受検は、在宅になるそうです。これならリラックスして受検が受けられそうですね。

色の知識は、一生涯あなたを助けてくれます

「介護事務管理士(R)」の資格に比べれば、「色彩検定」の資格は実用性が低いように思うかもしれません。

しかし実際は、かなり実用性があります。その理由ですが、例えば、この世に生まれてきたときから人は、必ず色に囲まれて生きていきます。

つまり色のない世界はこの世の中にはないので、生きていればどこかで必ず役に立つわけです。

具体的には、普段着の色合わせから始まり、もし受験生で風邪をひいてしまった人が受験に臨むとき、青いものを見ていると咳や風が沈静化する、だから風邪薬のパッケージはブルーの会社が多いというような雑学的なお役立ち知識が身に付きます。

「色彩検定」は年に2回試験がありますが、その前になると本屋さんには所狭しと過去問題集やテキストが売り出されます。

こちらもその量の多さにいったいどれを買えばいいのか?と悩んでしまいそうですが、その悩みを解決してくれるのが通信講座になります。


この記事をシェアする